顔 シミ 赤い

MENU

顔に赤いシミのようなものができてしまいました

顔に赤いシミができてしまったという悩みを持っている人は多いようです。

 

この赤いシミの原因は顔を強くこすることで発生することがほとんどです。刺激によって肌の内部で炎症が起き、その炎症を抑えるためにメラニンの生成が活発化し、そのメラニンがシミを作る原因となってしまいます。

 

もしかすると、強い刺激を与えた記憶がない人もいるかもしれませんが、洗顔の時や女性であればメイク落としの時に注意してみてください。もしかするとゴシゴシと強めに洗っていることがあるかもしれません。

 

できるだけ肌への強い刺激を避けること、そして出来てしまったシミについてはできるだけ早くにシミ対策の化粧品で水分と美容成分を肌へ充分に届けるようにしてみてください。きっと徐々にシミは薄くなり、やがては全く気にならなくなっていくことでしょう。

 

この顔の赤いシミは、通常の茶色いシミよりもボンヤリと広がった感じでできるので、範囲が広くて目立ちやすいのがとても嫌なものです。どうしても何とかしたいと思いがちですが、刺激を与えないということを第一に考えるのが大切だと思います。

 

私の場合は、できているシミに美容液を塗っている時におそらく強めにつけていたことが原因だったように思います。自分では肌に優しくつけていたつもりだったのですが、シミが気になるところにはついつい力を入れていたようです。

 

この赤いシミができてからは、意識して優しく化粧水や美容液を塗るようにしたので、数日で赤いシミは消えていきました。