顔 シミ 原因

MENU

どうしてシミができたのかを見直すために

顔のシミができる原因は、紫外線、女性ホルモン、ストレス、内臓トラブル、加齢などが挙げられますが、その中で最も多いのは紫外線です。

 

紫外線が顔に当たりメラニン色素が作られ、皮膚を守るために肌が黒くなりますが、肌のターンオーバーによりメラニン色素が剥がれることでまた元の肌の色に戻るという仕組みが人間の肌には備わっています。

 

このメラニン色素が過剰に分泌されていたり、ターンオーバーが適切に行われないためにメラニン色素が残ってしまうことにより、シミが発生してしまいます。

 

ですから、なぜシミができてしまったのかと考えた時に、あなたのこれまでの紫外線対策について見直すのは、今後シミが発生することを抑制するには大切なことだと思います。

 

紫外線のほかにも、ホルモンバランスやストレス、内臓トラブルなども影響するので、全体的に見直すのも大切です。